フォレストイノベーション「第二の植林」へ

 

日本の「木の文化」を支えてきた「山の文化」は、大きな変革期にあります。

木製品の加工、利用を通じて「山と都会に住む人々との新しい繋がり方」を模索し、私たちがたどり着いた結論は、「林産業に関わる私たち自身が自ら行動する」ことでした。

自らの意識を革新し、モノづくりの技術を活かし、次世代に繋がる健全な森林づくりを行い、地域の活性化に努めてまいります。

じいちゃん・ばあちゃんが植林し、父ちゃん・母ちゃんが育てた森や木を大切にして、有効利用することが私たちの義務であると考えています。

私たちは、植林をして、山の手入れをし、伐採した木で木製品を作ります。そして、私たちが作った木製品をお使いいただくことを「第二の植林」と位置づけ、「森の持続的な循環」に取り組みます。

 

森の恵みに感謝の気持ちを込めて!  

 


地域で生きる・みんなで生きる・支え合う

 

この製品は、日本の森を守る人たち、そこから生産される木を活かす技を持った人たちのネットワークの上に成り立っています。

森と木を良く知る地域に人たちが木を切り、加工し、完成します。

また、私たちの社会は、様々な立場の方々と支え合うことが不可欠です。

この製品の製造・販売の一部は、経済的自立が困難とされている知的障害者の方々が担っています。

みんなの思いが繋がった希望の持てる社会をつくるお手伝いをしたい、そんな社会を次の世代に託したいと考えています。