「葉音 HAON」のパーツである、音柱、音葉は、パーツ購入がネット上でできるように、準備を進めております。

「葉音 HAON」のパーツ構成と種類

 

「葉音 HAON」は、音魂、音柱、音葉の3つのパーツで構成されています。

それぞれのパーツの組み合わせを変更することで、様々なフォルムと音を楽しめます。

 

1)音魂(音の誕生の場所)

  出力10W(スギ間伐材木地仕上げ)

  出力26W(ヒノキ柾目指物仕上げ)の2種類

  円鼓形(直径大73㎜×高さ94㎜)

  充電バッテリー、無線(Bluetooth)対応

2)音柱(音の増幅伝達)

  黒木、赤木、白木の3種類

3)音葉(音の生成放出)

  葉の大きさ別で4種類

音柱(黒木、赤木、白木)の種類

 

音柱のデザインは、以下の3種類を用意。

 1)黒木 樹皮がついた枝

     高さ=22~42㎝、30~45㎝ の2種類

2)赤木 樹皮を剥いで磨いた枝

     高さ=22~42㎝、30~45㎝ の2種類

3)白木 製材した化粧材 

     高さ=42~45㎝、80㎝、120~160㎝ の3種類

     特注太柱では、高さ=120~160㎝、80㎝ の2種類

 

黒木と赤木は自然な形を活かしたパーツですので、1点毎に形状が異なります。

特注太柱は、音葉がチェロ、コントラバスの場合に必要となります。

 

音葉の種類

 

音葉は、大きさ別に以下の4種類を用意。

チェロ、コントラバスでは、音魂は26W、音柱は特注太柱が必要です。

 

1)バイオリン  13㎝×36㎝  樹齢200~300年の木曽ヒノキの柾目

2)ヴィオラ   13㎝×42㎝  樹齢100年の尾鷲ヒノキの柾目

3)チェロ            15㎝×72㎝  樹齢80年の吉野ヒノキの板目

4)コントラバス 19㎝×120㎝  樹齢100年の吉野ヒノキの柾目

  

音葉の曲げ形成練習用

音葉は、強制的に曲げて馴染ませることを繰り返し行うことで、好みの形をつくることができます。

音葉の形によって、音が変化します。 好みの音を作ってみましょう!

音葉の穏やかな曲面は、良い音が生成されるために必要です。

 

すべての製品に、曲げ形成練習用の音葉が1セットついています。 寸法約13㎝×30㎝


音魂の仕様